アルコールを飲むと強くなる!飲んでると鍛えられるって本当ですか?

Sponsored Link

アルコールはあまり飲めないんだけど、お付き合いとか行事で飲まなければならい、できたらそこそこ飲めるようになりたいんだけど・・・

 

 

アルコールを飲むと強くなる!飲んでると鍛えられるって本当

 

飲める人の話ではアルコールは飲むと鍛えられ強くなるとか!昔は飲めなかったんだけど飲んで鍛えたから強くなったって言うだけど本当なんだろうか?

 

本当のようであやふやなアルコールについて調べてみました。

アルコールを飲むと強くなる!飲んでると鍛えられるって本当

 

アルコールに強い人と弱い人の違うところ

 

私たちがアルコールを飲むと体内でアルコールは、どういうふうに分解されてるのかなんですが、体内に入ったアルコールは胃や小腸で吸収されます。そうすると、そのアルコールを分解するために肝臓が働きだします。

 

吸収されたアルコールを分解するものがADH(アルコール脱水素酵素)!このADHによって分解された中間代謝物質「アセトアルデヒド」になります。

 

アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)によって分解されると酢酸になります。最後は炭酸ガスと水に分解されます。

 

アルコールに強いひとなら、あまり問題はありません。しかしアセトアルデヒドはアルコールより数倍も強い生体反応を引き起こし吐き気、呼吸促拍、心き亢進を起こす有害物質でもあります。

 

なのでアルコールをあまり飲めない人は、ALDHの働きが弱いと考えられますので血液中に有害物質であるアセトアルデヒドが長く残るわけで悪酔いをするということになります。

 

このアセトアルデヒドが引き起こす悪酔いは二日酔いの症状に非常に似ていることから二日酔いになる原因と考えられています。

 

ではアルコールの強い人と弱い人ではなにが違うのでしょう?

 

 

アルコールに強い人と弱い人の違いは体質

 

強い人、弱い人は体質が影響しています。この体質に影響を持ってるのが「ALDH2遺伝子」!活性型と不活性型に分別されてるのですが、さらに!不活性型は部分欠損型と欠損型に分けられています。

 

そしてアルコールに強い、弱いかは遺伝子をどのタイプの持っているかで決まります。

 

あなたはどのタイプの遺伝子?

 

活性型 「活性型」
(NN型) ALDH2を正常に活性させられるタイプ。

☆ALDH2活性型(正常型NN) 50%以上・・・ アルコールに強い
☆ALDH2ヘテロ欠損型(MN)30−40% ・・・アルコールは弱いけど慣れてくると飲める
☆ALDH2ホモ欠損型(MM) 5%前後・・・ アルコールを全く飲めない

 

ND型 「 ND型」
NN型の16分の1活性を持ってる低活性型になり、アルコールに弱い人、もしくはほどほどに飲める人・・・無理して鍛えて強くなろうと考えないで適量を飲んでお付き合いした方が良さそうです。

 

DD型 「DD型」
ALDH2の活性がすっかり失活してる不活性型になり、アルコールに特に弱い人です、人並みにアルコールを飲むと二日酔いで痛い目にあいます・・・お付き合いではアルコール以外のものを飲んで会話を楽しんでください。 

 

 

アルコールを飲むと鍛えられるのは本当なの?

 

アルコールを飲むと鍛えられるのは本当なの?

 

アルコールに強い人の言うことでは「とりあえず量を飲み続けているとだんだん強くなって来る」そうですが・・・?「ND型」や 「DD型」だといくら飲んで鍛えても強くなりそうではないし無理そうですね。

 

一体どちらが本当なのでしょうか。

 

答えは飲めるようになります!

 

ただし凄く強くなろとは思わないでください

 

それでもって私の経験からすると、アルコールは飲んでると鍛えられ飲めるようになります。少し飲むと頭痛がしてたのに飲めるようになったのは!?

 

飲んで鍛えたから!?

 

近年の研究で分かったことがありまして、飲酒を習慣化すると「ALHD2」の他にMEOS(ミクロゾームエタノール酸化酵素)という酵素が働くようになるよです。MEOSって言う酵素がアルコール分解を助けることが明らかになってきたのです。

 

毎日飲んだことでMEOSが出るようになったから飲めるようになったと思ってます。しかもアルコールを飲み続けると「MEOS」の量も増え免疫力の付くことが判明しました。

 

なので アルコールに弱く飲めない人でも、飲んで鍛えると飲めるようになります

 

ではどのよう飲み方をして鍛えるとアルコールに強くなるのでしょう?

 

アルコールを飲んで鍛える方法

 

毎日寝る前にウィスキーをひと口飲んで鍛える 

 

アルコール.ウィスキー(1000円程度OK)始めは辛くて飲めません水割りから始めるといいですね

 

アルコール 慣れてきたらロックでOK、ロックで飲んだほうが旨い、旨くないがわかります。

 

アルコール.飲む量を徐々に増やす、MEOSの量も増え免疫が出てくると、ほろ酔い気分でリラックスできますのでストレス解消になります

 

 

アルコール飲んで鍛えるときに注意すること!

 

タンパク質を摂る 

 

タンパク質が二日酔い防ぎますのでタンパク質を摂りましょう、肝臓にシッカリ働いてもらうには、タンパク質が必要です。肝臓がアルコールを代謝してます。タンパク質は肝臓の細胞を再合成する栄養素、二日酔いの原因アセトアルデヒドの量が増えさないため悪酔いを防ぐことができます。

 

ツマミにたんぱく質(玉子・肉・魚・)などを一緒に食べましょう。

 

野菜にたくさん含まれるビタミン類も肝臓を助けます。サラダに茹で玉子・ハム・チーズなど加え肝臓に栄養を与えてください、 二日酔い防止にも繋がります。

 

休肝日をつくり肝臓を休ませる

 

休肝日なし、そしてツマミなしでアルコールをたくさん飲み続けるとアルコールへの耐性が強くなり、量を増やしても酔わなくなってきます。だんだんアルコールの量も増え、食べ物をほとんど摂らなくなって最期はアルコール依存症になることもあります。

 

休肝日をつくり肝臓を休ませ、アルコールへの耐性がより強くならないようしましょう。またお腹空いてると飲む量も増え肝機能障害で入院ってことにならないよう、食べながら飲んでほろ酔い気分を楽しんでください。

 

両親もアルコールに弱い人は、あまり強くはないと考えられます。好きでもないアルコールを無理に飲んで鍛えるより、飲めないことを理解してもらうほうが良いかと思います。今の時代無理に飲ませようとする人はセクハラで訴えられかもですね。

 

全く飲まないのは場をしらけさすかもです。乾杯に口をつける程度でいいのではないでしょうか?

 

しいて言うなら、アルコールを全く飲まない人より少し飲んだ方が健康に良いらしく長生きもすることがわかってます。私も最初はチョットだけ口に含み鍛えてました。その時のほろ酔い気分が気持ちよくて今では毎晩飲むのが楽しみです (^-^)

スポンサードリンク