元気が出ないやる気がでない寝ても寝た気がしない改善法

Sponsored Link

 

元気が出ない

 

どれだけ寝ても寝た気がしない、起きてからも元気・やる気がでない、一日をなんだかダラーとした気持ちで過ごしてるなんてことがあるのは、疲れがとれてないかもしれません。

 

日頃から仕事や人間関係など何かに気を使いことが多く、披露が蓄積され寝ても眠れない、そのせいか元気もなくやる気が出てこない傾向があります。

 

この様な状態になってくると疲労が溜まっているからです。だから早く寝ようと横になっても寝たつもりなのに、しょっちゅう目が覚め熟睡できてないのです。疲れの蓄積された体はチョットしたことをやっても疲れやすくなります。

 

では疲れる原因からくる寝た気がしない人の熟睡する方法について紹介したいと思います。

 

 

寝ても寝た気がしないのは疲労が原因

 

今日は疲れてるから早く寝ようと横になっても寝た気がしないから、
起きてから元気がなくやる気が出てこないのは慢性的な疲労に
なってると考えられます。

 

 

慢性的な疲労の原因

 

運動すると疲れが溜まり疲れるのではと思われがちですが、
運動不足でも疲労が溜まりやすくなってきます。

 

運動の量にもよりますが、普段身体をあまり動かさない人は
運動後に筋肉痛や、眠くなるなど「疲れた〜」って思えることがあります。

 

ところが、本当のところ運動をしない方が、軽い運動をするより疲れやすくなります!

 

 

運動するメリット

 

眠気を誘い元気とやる気が出て来る運動

☆ 体力がついて疲れにくくなる

☆ 運動することで免疫力が高くなる
☆ 血行が良くなり代謝が活発化され健康的になる
☆ 代謝の活発化で肥満予防になる
☆ 食欲が正常に戻り体に必要な多くの栄養を摂取できるようになる
☆ 心地よい眠気が出て十分な睡眠がとれるようになる

 

このように軽い運動をすることで慢性疲労の改善に繋がります。
普段あまり体を動かさない、運動が苦手と思われる方は、疲れが
溜まりやすく免疫力の低下で健康的にもよくありません。

 

日頃から運動をしてシッカリ睡眠を確保しましょう

 

あまりきつい運動や絶対休まないなど目標にすると続きません。
きつい運動は体に負担がかかり、休まない意思はストレスになって
眠れなくなります。

 

軽い運動といつでも休むといった軽い気持ちで続ける事が大切です。

 

スポンサードリンク