サーチ案内は毛穴ケア・ダイエット・健康・ウォーターサーバー・Q & A・トレンドニュースを紹介

Sponsored Link

乾燥肌によい栄養をたくさん含む食品は近くにあるものばかり

 

   サ乾燥肌によい栄養のたくさんある食品

 

乾燥肌(ドライスキン)の原因は、皮脂分泌量が低下し
角質細胞間脂質などの減少から角質にある水分含有量が
少なくなって肌の乾燥してる状態です。

 

この状態になると肌の表面は潤いがなくカサカサやヒビが現れ
化粧をしても上手く化粧がのらず時間とともにひび割れてきます。

 

 

「スキンケアはしっかり行っているのにどうして乾燥するの?」

 

それは
@皮脂量の低下
A角質細胞内の水分を抱え込む天然保湿因子(NMF)の低下
B角質細胞間脂質が不足し保水力の低下

 

低下してる要因は年齢が上がってきたこと!

 

20代のピークを過ぎると、その後はだんだん低下してくるので
スキンケアをしても肌の乾燥が進むのです。

 

ほかに

 

睡眠不足・ストレス・日焼けなども乾燥肌になる要因に!

 

かといって諦めないでださいね

 

外からの水分と油分を効率よく与えるスキンケアも重要ですが
内面からを食事で乾燥肌に効果のある栄養素を摂取することで

 

潤いのある美肌に改善できます!

 

乾燥肌によい栄養のたくさんある食品!

 

老化も遅らせる!について紹介します

 

スポンサードリンク

乾燥肌改善に効果のある栄養素

 

乾燥肌を防ぐには外からだけでなく内面からお肌に栄養のある
食品を食べた方が早く効果はあらわれます。肌の乾燥を改善する
栄養素で知られてる・・・

 

☆セラミド

 

☆ビタミン

 

☆脂 質

 

の不足してる栄養を食事で摂取してあげることで
乾燥肌を改善する効果は高まります。

 

 

スキンケアをしっかり行っても乾燥肌になるのは

 

肌の細胞と細胞がくっついた細胞間脂質に水分を蓄え肌は潤いっています
ただ、くっついただけでは水分は漏れてしまいます、水分の漏れないよう
隙間を接着してるのがセラミドなんです

 

このセラミドは年齢が上がるにつれ減少し、
水分を蓄える事ができなくなります。 

 

なので・・・

 

外からスキンケアをしっかり行っても体内では隙間が
多くなアリ水分少くなってきます。そうなると外からの
ケアだけでは肌の乾燥は止まらなくなってるんです

 

これを解決するにいは、減少したセラミドをたくさん含む食品で
栄養素を摂取するなら乾燥肌を改善できるようになります。

 

 

 

セラミドを多く含む食品

 

色の濃い『赤・黄・緑・紫・黒』の食品にセラミドは多く含まれる

 

セラミドを多く含む食品

 

《黒い食品》特に多い

こんにゃく・黒ゴマ・黒豆・ひじき・ゴボウ・黒胡椒

 

《赤食品》

トマト・赤ピーマン・イチゴ

 

《黄色食品》

バナナ・レモン・グレープフルーツ・アボカド
ビタミン群

 

《緑色食品》

緑茶・ほうれん草・小松菜・チンゲンサイ・ブロッコリー
きゅうり・レ タス・ニラ・アスパラガス・枝豆

 

 

《紫色食品》

なす・レッドキャベツ・さつまいも

 

 

内側から肌の水分の蒸発を防ぎ乾燥肌を改善します
他にセラミドには潤いをキープし肌荒れを防ぐ
ふっくらとしたモチモチの肌・ふっくらするので
シワも消えてきます。

「ビタミン」多く含んでいる食品

 

体内で合成できないビタミン!

 

   「ビタミン」多く含んでいる食品

 

できたとしても量が不足してしまうビタミンは
体に欠かすことが出来ない栄養素で不足した分は
食事で補う必要があります。

 

乾燥肌を改善するためにもビタミンを摂取し
美肌になりたいですね。

 

 

ビタミンA

 

角質層のNMF(天然保湿因子)の生成を促す働きがあります
新陳代謝を活発にしターンオーバーの正常化させ乾燥肌の改善

 

ビタミンAを多く含む食品
レバー・ウナギ・緑黄色野菜・卵黄・バター・牛乳

 

 

ビタミンB

皮脂のコントロールし、過剰分泌や水分の蒸発を
防ぐ働きがあり肌荒れニキビに効果あります。

 

ビタミンBを多く含む食品

鶏レバー・鶏卵(卵黄)
パセリ・モロヘイヤ・ニンジン・春菊・ニ ラ・ほうれん草
ウナギ(蒲焼き)
マーガリン・バター・プロセスチーズ

 

 

ビタミンE

ビタミンEは新陳代謝を活発にし活性酸素から細胞を守るので老化を遅らせます。

 

ビタミンEを多く含む食品

アーモンド・くるみ・ナッツ類カロリー高いので食べ過ぎないように
イワシ・うなぎ・
アボガド

 

ビタミンC

コラーゲン生成のを促進と活性酸素を除去し
酸化した細胞内のビタミンEを元に戻す効果があります。
ビタミンEと一緒に摂るとさらにパワーアップ!

 

ビタミンCを多く含む食品

キウイ・イチゴ
ブロッコリー・パプリカ・パセリ・芽キャベツ

 

 

ビタミンCは壊れやすい!摂取するときの注意
☆生で食べるフルーツや野菜は食べる直前にカット
☆調理の加熱は短時間
☆煮物をしたときの煮汁も一緒に煮汁の中に栄養素が一杯

 

脂 質

 

皮脂が不足すると肌は荒れる

脂質は体を動かすエネルギー源で体温を保持してます。
低体温が肌に悪いのはご存知だと思います。

 

細胞膜・血液・ホルモンをつくる成分でもある皮脂が
不足してくると皮膚は乾燥してきます。

 

ダイエットしてるから・・・といって

 

まったく摂取しないのは肌の荒れる原因に!

 

脂質は体脂肪になるので体に良くないようだし
太るイメージがありますよね、

 

でも炭水化物・タンパク質と並び、体内で
エネルギー源になる大切な栄養素なんです。

 

また脂質は脂溶性ビタミンの吸収をよくする働きがあり
溶けにくいビタミンを溶かし吸収を助けてくれます。

 

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸

 

飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸を聞いたことがあると思います

 

どちらも、脂なのでカロリーが高く食べ過ぎると
太る原因でもあるのですが、いつも食べるなら

 

不飽和脂肪酸を食べたいですね

 

飽和脂肪酸は動物の脂で食べるときには
加熱してるので脂は溶けてます、

 

しかし人間の体温36度より高い動物(肉)飽和脂肪酸をたくさん
食べるとどうなると思います

 

そうです・・・動物の体温は人間の体温より高いので

 

体内で冷えると血液はドロドロに!

 

加熱する前の霜降りの肉は美味しそうですよね、でも体温の低い
人間が食べたら、あの美味しそうな脂が体内ではドロドロにとなって
血液から体中に運ばれるんですね。

 

そんなドロドロの血液では肌は綺麗になりませんよね、

 

なので動物性の脂はたくさん食べない方が良いということになります。
まったく食べないのはよくありません、豚肉にはビタミンをたくさん
含んでます、ほどほどに食べるといいですね (^ o ^)

 

 

逆に 魚は不飽和脂肪酸

 

魚は水の中で泳いでます。 水は体温より低いですよね

 

だから!魚の脂をたくさん食べても体内で固まることはない!

 

DHAが多くボケ防止や体の潤滑油にもなるので
肉を食べるより、魚を食べた方が体にも良いし

 

皮脂も毛穴に詰まりにくくなります

 

ちなみにナッツ類も不飽和脂肪酸です
美味しいですよね、カロリー高いので食べ過ぎに注意して下さいね \(◎o◎)/

 

 

脂質を多く含む食品

 

不飽和脂肪酸

 

いわし・アジ・サバ・サケ・マグロ

 

ピーナッツ・落花生・オリーブオイル・植物油

 

 

飽和脂肪酸

 

豚肉・牛肉・鶏肉・牛乳・鶏卵

 

チーズ・マーガリン・バター・ラード

 

 

βカロテン

 

βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれる

 

   βカロテンは緑黄色野菜に多く含まれる

 

抗酸化力が強いβカロテンは体内でビタミンAに変化します
抗酸化力が強いということは、体の酸化を遅らせる働きがあるので
老化防止になります。

 

粘膜や免疫機能を保つ働きもあるβカロテンは皮膚の新陳代謝を
活発にするので乾燥肌の改善に毎食に食べたい一品です。

 

βカロテンを多く含む食品

人参・モロヘイヤ・パセリ・ほうれん草
春菊・カボチャ・バジル

 

スポンサードリンク

関連ページ

肌をプルプルする方法は過剰保湿止める!
肌をプルプルにするために保湿をシッカリ、タップリしてませんか?その過剰な保湿が乾燥肌をつくるのをご存知ですか、プルプル肌を目指す方の必要な最小の保湿と簡単な洗顔方法を紹介
しわたるみに効く洗顔方法
しわ・たるみの解消にヒートショックププロテイン42度のお湯で洗顔方法があります。ぬるま湯と違う洗顔方法が肌に弾力を復活させプルプル感を取り戻す洗顔方法を紹介
頭皮クレンジングに椿油の効果は凄い!
頭皮をクレンジングするのに油を使ったらベタベタになり余計汚れが付いてしまいそうです、ところが椿油を使ってクレンジングするといいことが一杯!どのような効果があるのか?クレンジング方法を紹介
頭皮クレンジングは洗顔オイルでOK!
シャンプーとリンスはしますが頭皮クレンジングはあまりしませんよね、髪に元気がなくなった!コシがない!薄くなってる、そんな方に頭皮クレンジングで髪を健康に育てる方法を紹介します。
しみ そばかすを消すビタミンCを多く摂取する方法
しみ そばかすは年齢が上がるにつれ目立つようになった しみ そばかすを消すにはビタミンCがカギでどのくらいの量が必要なのか、効率よく摂取するならいつ?より多くビタミンCを摂取できる方法を紹介
ファンケルクレンジングまつエクに使っても安心
まつエクにオイルクレンジングを使うと目に悪い影響を与えるので、あまり使いたくはないのですが落ちが悪いので、どうしても使ってしまいます。オイルフリーのファンケルクレンジングがそんな不安を解消!