水素水が抜けにくい種類

Sponsored Link

水素水が抜けにくい種類

 

 

   水素水が抜けにくい種類

 

健康に良いと聞いて飲み始めた水素水!

 

水素をタップリ含んでると言われてる水素水は、どのような容器に入れる方法が水素を一杯含んでるのかわかりにくいですね。

 

水素の分子といったら宇宙一小さい!

 

それで各メーカーは水素が抜けにくい容器をいろいろ研究してるのですが、思うようにはいきません

この容器なら水素を詰めても抜けないと言っても抜けているのです。

 

ヘリウムの入った風船で考えるとわかりやすいです。

 

翌日風船がしぼんでしまうのは、ヘリウムが風船の分子より小さいためで、目には見えない風船の小さな穴からさらに分子の小さいヘリウムは抜けています。

 

だから翌日に風船を見るとしぼんでるんです。

 

そんな抜けやすい水素を逃さない方法として販売され始めたのが・・・!?

 

 

水素水 サプリメント方式

(体内で水素発生剤から水素を発生させる?)

 

水素水 水素生成剤方式(耐圧容器の中で水素を発生させる)

 

水素水 水素ガス充填方式(アルミパウチ水素水)

 

水素水 電気分解方式」(サーバー内で電気分解を行う)

 

水素水 金属マグネシウム反応方式
(水素水スティックなどで水素を発生させる)

 

上記のような商品で販売去れるようになりました。水素水を選ぶなら、可能ならば水素の抜けない容器のものをセレクトした方が良いのですが実際は保存するのが難しく、

 

メーカーはさぞかし水素の量が多いと言ってますが
実際はそうではないようです。

 

ところでどうして水素水は体に良いかと言いますと!

 

水素を体内に取り込むと・・・?

 

体を老化させる活性酸素と結び付き中和(還元)され、活性酸素を除去することができる!

 

活性酸素を上手く体内からとり除くなら、いつまでも若々しくいれます。

 

水素水を飲んで、老化を早める悪玉活性酸素を身体の外に排出されることで、いつまでも若々しくいられるとしたら嬉しいですよね、だから水素水は話題になってるのでしょう。

 

スポンサードリンク