食べる順番ダイエットは本当に効果あるのか?ないのか?調べてみました

Sponsored Link

食べる順番ダイエットは本当に効果あるのか?ないのか?調べてみました

 

食べる順番を変えるだけでダイエットに効果はあるっていうけど、
効果のないって言う人もいるんだけど本当はどっちなの?

 

     食べる順番ダイエットは痩せる

 

以前テレビで「食べる順番ダイエット」を紹介されてから人気になったようで、何かしら基本を守りながら順番に食べてると痩せられるのですが、本当ならやってみたいって思いますよね。そこで効果はないのか?あるのか?調べてみました

3ヶ月で−10kgも夢じゃない!?

 

食べる順番に食べて痩せられる、しかも量を気にしないで食べて良い! といっても食べられなくなります (^-^)

 

ダイエットで一番辛いのが空腹、それがなくなり
−10kgなら試してみたいですね。

 

で・・・どういう風にやると良いのか調べました。

 

食べる順番を変えると痩せる理由

 

順番に食べると血糖値の上昇がゆっくりなる 

 

3種類の主食・そ主菜・副菜の料理を順番に
食べるとダイエットに効果はある!

 

つまりこんな感じの食事
食べる順番ダイエット

 

野菜・海藻などの食物繊維の多いものから

食物繊維の多いものを先に摂ると血糖値の上昇はユックリに、血糖値をユックリ上昇させることでインスリン(体脂肪を合成するホルモン)の分泌もゆっくりになり食べたものを脂肪として蓄えられなくなる。

 

汁 物

野菜・海藻食べながら間に汁物を飲む

 

魚・肉などタンパク質

筋肉を作っているタンパク質が不足すると筋肉自体をタンパク質として使われ筋肉量が少なくなります。水分と筋肉が少なくなりますので体重は減ります、でも脂肪は減ってませんしかもリバウンドしやすい体質に。

 

タンパク質は脂肪燃焼に関わってます。
代謝を高めるために脂の少ない物を食べます。

 

ご飯・パン・麺類など炭水化物

 

食べる順番ダイエット

 

ご飯・パン・麺類など最後にするのは炭水化物には糖質が多く、これを先に食べると一揆に血糖値が上がります。

 

血糖値を下げるためインシュリンがたくさん分泌され脂肪として蓄えます。それを防ぐには、まず血糖値をユックリあげる野菜から順番に食べると、脂肪を蓄えるより燃焼効果の方が高くなり痩せられます!

 

 

血糖値の上がり下がりの変動が少ないほど、
太るより痩せる効果の方が高くなるのを
実験結果で確認されてます

 

 

また野菜・汁物・肉魚を先に食べることでで、お腹は満たされてきますのでご飯・パン・麺類など食べ過ぎを防ぎ血糖値もユックリ上昇させることができます。

 

つまり食べる順番を変えると血糖値のコントロールができるようになりインシュリンの分泌を抑えるためダイエットに効果はあることになります。

 

しかし効果のない人もいるようで、その原因はなんでしょう?

 

食べる順番を実践しても効果のない理由

 

 食べる順番ダイエットで効果のないときは

 

噛む回数が少ない 噛む回数が少ない

 

噛む回数の少ないと食事時間は短くなります。食べ始めて20分くらいから血糖値が上がって満腹感が出てきます。噛む回数を増やし20分以上の時間をかけましょう、今までのように同じ量は食べられなくなります。

 

5分や10分ほどの食事時間では満腹になる前に食べすぎてしまいます、よく噛む習慣に変えていきましょう。

 

そのため1口の噛む回数を30回以上にして、野菜から食べ始め食事時間を伸ばすことで、糖質である炭水化物を食べる頃には満腹感があり、食べ過ぎを抑えられます。

 

糖質を減らすと血糖値の上昇もユックリになり、インシュリンの分泌も少なくなり脂肪を蓄えない体質に変わります。糖質をまったく摂らないのは脳の栄養が途絶え記憶力の低下、イライラ、ストレスなど症状が出ることもありますので気をつけましょう。

 

食事に時間をかけ噛む回数の多い人は太らない!

 

噛む回数を増やし食事時間を長くしましょう

 

良く噛んで食事時間の長い人は筋肉量が多く痩せてる!

 

しかも短い人は適度な運動と掃除をしても太りやすく筋肉量は少ない結果が出てます。

 

噛む回数と食事に時間をかけることで消化酵素の分泌を促進して代謝の活発で筋肉にも栄養が多く届けられ強化されます。

 

運動の苦手な人は、よく噛む方が適度な運動をするより筋肉量を多く強化されますので楽ではないでしょうか?

 

 

噛む回数が少ない 外食が多い

 

単品料理では食べる順番がやりにくい

 

丼物・ラーメン・うどん・焼きそば・カレーなどには、吸い物や野菜など付いてたとしても少しだけ、外食では時間をかけられませんので食べる順番ダイエットには適してません。

 

噛む回数が少ない 血糖値の上がり下がりが大きい

 

食事を抜いたりすると血糖値は下がります。しかも下がってくると食欲は増し、食べたときに吸収力も増してる状態ですから血糖値は急上昇!

 

血糖値が急上昇するとインシュリンがたくさん分泌され脂肪として蓄えますので、食事の間隔を開けないよう、抜かない方がの血糖値の上がり下がりはユックリなります。

 

まとめ

 

1口30回以上噛む 食事時間は20分以上になるよう1口30回以上噛む、

 

野菜から食べ血糖値をユックリ上ゲル 野菜から食べ始め、最後に糖質であるご飯・パンなど炭水化物を食べて血糖値をユックリ上がるようにする。

 

食は単品料理を控える 外食は単品料理を控える

 

食事は抜かないほうが良い 血糖値の上がり下がりをユックリにするには食事は抜かないほうが良い

 

噛む回数を増やすと口の周りの筋肉を鍛えます、ほおの筋肉が引き締まりスッキリとして小顔効果も! よって食べる順番ダイエットは効果ありです\(^o^)/

 

 

 

スポンサードリンク