ダイエットをして痩せたい部位ごとに細くできる方法は!?

Sponsored Link

ダイエットにしても痩せたい部分は思うようにいかず、
体重は減ってるんだけど太ももは太くお腹は
ぽっこりのままなんてことも、

 

ダイエットしたら痩せたい部位だけ細くできる?

 

代わりに痩せてほしくないところは痩せちゃうんですね。
それは痩せるときには順番があるから!

 

この順番を理解してダイエットすると効率よく痩せられ
部位も痩せる効果を期待できる方法を紹介。

ダイエットしたら痩せたい部位だけ細くできる?

 

思い通りいかない部位痩せ?

 

部位だけ痩せるのはなかなか難しく全体的に
痩せた方が部位を細くする効果を期待できます。

 

効果的に痩せるには部位によってやり方も変わりますが、普通に行なう全体的なダイエットよりも部位は痩せにくく細くするには時間を要しますの忍耐力が必要で続けるのは難しいのではないでしょうか。

 

それよりダイエットは全体的に痩せる順番を理解して
行なうほうが、部位を細くすることに繋がります。

 

 

痩せる順番

 

痩せる順番があるから部位を先に細くするのは難しい

 

 

痩せていく順番

 

手首・足首 手首・足首

 

ダ前腕 前 腕

 

ふくらはぎ ふくらはぎ

 

肩

 

上 腕上腕

 

太もも 太もも

 

胸・顔 胸 ・ 顔

 

 腹お 腹

 

お尻 お 尻

 

 

痩せたい部位のランキングでは
1位:太もも
2位:お 腹
3位:お 尻
4位:顔
5位:ふくらはぎ

 

この順番を見てわかるように、ふくらはぎを除いて痩せる順番が遅く、痩せにくい部位を皆さん痩せたいのがうかがえます。

 

 

太る時は逆になり
9位:お尻
8位:お 腹
7位 :胸 ・ 顔
6位 :太もも

 

となっていきます。

 

なので・・・痩せたいランキング1位:太もも、2位:お 腹、3位:お 尻、4位:顔は 太りやすく痩せにくい部位 になるのです。

 

ではどのようにして痩せる順番はあるのでしょぅ?

 

 

 

肝臓から遠い部位から順番に痩せる

 

体は生命の維持に必要な場所である肝臓に近いところ、内蔵から脂肪を蓄えるようになっていて、肝臓から離れていくにしたがい脂肪は少なく痩せやすくなります。

 

肝臓は人間にとって大切な臓器で、食べた物の栄養素は肝臓に届くと分解や合成をして身体に必要な栄養素に作り変え使われます。そしてその使われて有害物質になった物が腸から送られてくると無毒化して体外に排出するわけです。

 

便秘になると太りやすくなるのは有害物質が体内に溜まり代謝が悪くなってるためで、肝臓の働きが悪くなると有害物質が体に溜まり、ますます代謝は悪くなり 太りやすくなります。

 

そのためスムーズに痩せるには肝臓が元気よく働けるよう
食生活の改善や運動を行い生活習慣を改めないけません。

 

 

2種類の脂肪と痩せる順番

 

2種類の脂肪《内臓脂肪》と《皮下脂肪》

 

 

痩せる順番

内臓脂肪 内臓脂肪

 

皮下脂肪 皮下脂肪

 

この順番でに痩せるようになってるのですが、臓器に脂肪がついていくると生活習慣病に進行するため、体は先に内臓脂肪から減らすようになってます。

 

 

「内臓脂肪」

生活習慣病に深い関係のある内臓脂肪はお腹周りに集中する脂肪で、内臓脂肪が増えると糖尿病、血栓症、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、脂肪肝などになってしまう事が確認されています

 

皮下脂肪

皮下脂肪は見た目でも分かる、お腹・腕・太もも・たるんでポッコリでたお腹を摘んだときの厚い肉こそが皮下脂肪になります。

 

要するにバランスの良い食事と適度な運動をしてダイエットするなら、生活習慣病の改善になり健康的な体つくりにもなってるんです。

 

じゃ・・・部位ごとに痩せて細くするにはどうしたらいいの?

 

 

部位痩せより全身を痩せる

 

体は痩せる順番が決まっているわけですから、全体的に痩せながら痩せたい部位は筋肉を鍛えると良いわけです。筋肉を鍛えたら太く見えそうですがそうでもありません、同じくらいの身長・体重なら筋肉量の多い方がスリムに見えます。

 

では筋肉を鍛えるにはどのような運動をするとよいのでしょう?

 

 

全身痩せに最も効果的な運動

 

筋肉量を増やしながらスリムに見える運動

 

それは・・・有酸素運動

 

有酸素運動の中で簡単なのがウォーキングですね、
ほかにジョギング、水泳、自転車があります。

 

ウォーキングはそんなにきつくなく長く続けれますが、それよりもっと効果を期待できる全身の運動をしながら足や体に負担のかかりにくいのは自転車!それに景色をたくさん見られ楽しみながら運動ができるので続けられます。

 

ジョギングダイエットは効果のあるのは分かりますが、
ウォーキングや自転車よりキツク、続けるのは大変かも

 

水泳は全身運動で水の浮力で体に負担をかけません、
でも近くにプールがないと続けられないですね

 

 

その点 ウォーキングダイエットは簡単
食後すぐと就寝前を避けて、少し早足で20分ほど歩くと脂肪燃焼効果をアップ!

 

 

自転車ダイエット

 

自転車ダイエット

 

景色を見ながら遠くまで行けるので飽きません。

 

自転車をこぐと、ふくらはぎや太ももの筋肉を刺激するため脂肪燃焼をアップ!ふくらはぎ・太もも・下腹・腰の筋肉を鍛えられ引き締まって細く見えるようになり下半身太りの解消に繋がります。

 

ただし 脂肪燃焼効果が高まるのは20分を過ぎてから!

 

時速20kmくらいで30分ほどこぐと、
ウォーキングを30分した時間より
カロリーの消費は多くなります。

 

 

無酸素運動は筋肉を太くする

 

自転車はギアを重くすると脂肪燃焼効果は高くなりそうですが、無酸素運動になるので気をつけましょう、無酸素運動は筋肉を太くしますので有酸素運動になるよう軽くして走ります。

 

かと言って電動自転車では効果を思ってるほど期待できません。
あくまでも自分の足でこいでくださいね。

 

 

まとめ

 

部位痩せを努力するより、全体的に痩せる順番を
理解すると次に痩せてくる部位が分かります。

 

停滞期でなかなか痩せない時期があっても、今度はこの部位が痩せてくるからここの筋肉を有酸素運動で鍛えてあげると痩せられるなんて考えると続けられそうですね。

 

ダイエットを行なうにあたって大切なことは急激に痩せようと考えない!

 

痩せたとしてもリバウンドが待ってます。健康的にダイエットを行なうには時間をかけ全体的に痩せること、それが痩せたい部位ごとに細くなりリバウンドしにくい体質になる方法では。

スポンサードリンク