ダイエットは食べ方を工夫すると痩せる!

Sponsored Link

ダイエットを成功するための食べ方を工夫したダイエット

 

ダイエットするときに、まず思い浮かぶのは摂取カロリーを減らすことを考えるのではないでしょうか!カロリーを減らすのは正しい考えかたで、極端なカロリー制限や偏食をしなければ健康的に痩せられます。

 

     ダイエットは食べ方を工夫すると痩せる!

 

しかし毎日カロリーの計算をしてると面倒って思うことも、そんなときに「食べ方」を工夫すると、よりダイエットがスムーズになり、リバウンドしにくい体質になれる食べ方について紹介します。

血糖値とインシュリンの上がり下がりの変動が小さいほど痩せる!

 

決まった時間に、決まった種類の食べ物を食べる

 

カロリーを抑え「食べ方」を工夫すると、より痩せやすくなる一つの例として、毎日決まった時間に、決まった種類の食べ物を食べる。

 

ダイエットは食べ方を工夫すると痩せる!

 

カロリーを抑えようと考えたとき、炭水化物を控えるのは痩せる効果は高いのですが、ご飯は食べたいですね。

 

そんなとき食べる時間を朝食にして食べるといいのです。

 

すぐにエネルギーに変換される炭水化物を多く含む食べ物は、エネルギーが不足してる朝の時間に摂取するのが太らない効果的なやり方だと考えられてます。

 

ご飯を食べないと落ち着かないと思ってる人は、朝食はご飯を食べると1日の活動時間も長く脂肪に蓄える前に代謝されますので太りにくくなります。

 

代わりに、夜はエネルギー必要しない時間で体を動さなくなります。この夕食の時間では炭水化物を摂るのを控えると脂肪として蓄えられるのを防ぐことができます。

 

1日に総摂取カロリーは同じにして回数を増やす

 

食事の回数を増やすと痩せやすい

 

    ダイエットは食べ方を工夫すると痩せる!

 

1日に総摂取カロリーは変わらないのですが、食事量を少なくして普通3回のところを5回とかに小分けして食べるダイエット法です。

 

3回も5回も総摂取カロリーは同じなのですが、血糖値の急上昇を抑えることができます。血糖値がユックリ上がるとインシュリンの分泌される「体脂肪を合成するホルモン」を抑え太りにくくなるわけです。

 

食事回数を減らすと食べた物の吸収力が高まり、インシュリン値が急上昇、下げるためインシュリンが大量に分泌されますので、回数を増やすことで血糖値とインシュリンの分泌を穏やかにできます。

 

また「大食い」や「一気食い」などは急激に糖質が取り込まれ血糖値は急上昇、血糖値を下げるためインシュリンを大量に分泌されると食欲もさらに増してますます太りやすく!

 

食事量を少なくして回数を増やすと、血糖値の急上昇とインシュリンの大量分泌を抑え体脂肪の蓄積を防ぎ、食欲が抑えられますので食べ過ぎを防ぎます。

 

要は血糖値の急上昇を抑えるには食時回数は減らすより増やした方が良い,インシュリンの分泌を少なくなります。血糖値とインシュリンの上がり下がりの変動が小さいほど太りにくくなるわけです。

 

食事回数を増やし、噛む回数を増やすことは血糖値とインシュリンの変動を小さくする食べ方になり、痩せやすく!太りにくい!体質になれる方法です。

 

スポンサードリンク